はじめましてのご挨拶

はじめまして。本ブログ「RICH STRATEGY」(副題:RICHになる戦略と実践)管理人の『輝』(あきら)です。

本ブログは、「一度しかない人生を有意義なものにしたい」と願ってやまないわたしが、自分が学んできたことを共有するブログです。

無知ではキツイ

わたしは、お金のこと・社会のこと・政治のこと・趣味のこと・・・いろんなことを学べば学ぶほど、「無知のまま豊かに生きることは(不可能ではないにしても)きわめて難しい」と確信するようになりました。

そもそもわたしたちの生きる社会というものは、自然のものではなく、人間がつくった「人工物」です。人工物である以上、そこには『ルール』があり『法則』があり、ルールや法則を成り立たせる『前提』となるものがあります。

わたしが社会人になってたくさんの「自分の思うようにいかないこと」に遭遇したときに、心の底から疑問に思ったことは『それ』(ルール・法則・前提)はなんなのか?ということでした。その強烈すぎる疑問が出発点となって今のわたしが存在します。

残念ながらどれだけ勉強したところで「大事なことは全部わかっている」という状態にわたしが到達することはないでしょう。

しかし喜ばしいことに、世の中には才能あふれる人がたくさんいて、そういう人たちから毎日何かを学ぶことを地道に続けながら、自分ができることを積み重ねた結果、凡人であるわたしにも少しずつ世の中のカラクリが見えるようになってきました。

「自分の思うようにいかないこと」に直面してストレスを感じている方の、何かのきっかけになれば・・・と、わたしは切に願っています。是非とも参考にしてください。

RICHとは?

資本主義の研究者として有名なカール・マルクス(代表作:資本論)は、こんな言葉を残しました。

豊かな人間とは自らが富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。

【引用:マルチョン名言集・格言集

RICHという言葉から多くの人は「お金持ち」を連想すると思いますが、本ブログは「お金持ちになるための方法論」という狭い枠に囚われるつもりは毛頭ありません。

残念ながら資本主義というルールのなかでは、世界中の全員がお金持ちになることは不可能ですし、そもそもどれだけお金持ちになったとしても、「お金の管理者」たる権力者には勝てないのです。そういう意味では「納税額ランキング」には、本当の「お金持ち」は一人もノミネートされていません。

そのことは2020年に大ヒットした「鬼滅の刃」に登場する鬼たちのことをよーく観察してみればすぐにわかるはずです。鬼のエリートである『上限の鬼』たちは、強さを手に入れるために切磋琢磨しているわけですが、残念ながらどれだけ頑張っても努力しても「鬼舞辻無惨」(注:鬼のボス)には勝てないのです。

鬼滅の刃に登場する鬼のように、強さ(お金)を手に入れるために右往左往して結局は手に入れたいものが手に入らない・・・という選択肢もあるでしょう。しかし本ブログでは別の選択肢も提示したいと思っています。

RICHとは?どのような状態であればRICHなのか?どうすればRICHになれるのか?

さまざまな疑問をわたしにぶつけたくてウズウズしている人もいるでしょう。その答えは言葉にして伝えるよりも、あなたに「感じてもらいたい」と思っています。カール・マルクスはこんなこともいいました。

汝の道を行け、しかして、あとは人の語るに任せよ。

【引用:マルチョン名言集・格言集

わたしはわたしの道を行きます。その記録は本ブログに残していきます。あとは、『何か』を感じたあなたの実践に任せたいと思います。それではブログ記事のなかでお会いしましょう。